占星術熱は突然やってきた

今年の1月から3月にかけて

今はなき南阿佐ケ谷のウラナイトナカイで

まついなつき先生の西洋占星術初級講座を受けてからもう半年以上

いろいろあったにせよまあさぼっておりました。

 

気が向かないことはできない質でしてとは言い訳で

 

やってきました占星術熱!

先週くらいに、急に。

西洋占星術の勉強していると言ったら

快く生年月日などのデータを提供してくれたIYC先生方のネイタルチャートを、

まずは教わったことに忠実に読んでおります。

いつもだと、乙女座の悪い癖なのか完璧にしたい病気が出がちで

自分の実力以上のものを提供したいという非現実的な欲で自爆するのがオチなのですが

 そこをなんとかふんばって地道に自分で読める範囲で読んでおります。

 

チャートに現れる私の生まれた時の図は私に説明してくれます。

 

私のアレにはこんな根拠があった。

アレにもアレにもアレにも根拠があった。

可視化されるわけです、それがとても面白い。

当然、他の人のチャートは全く違う図なわけで

ならばその人と私は目の前で同じものを見たとしても

感じることも覚えていることも違っていてしかるべきなんですね。

もっというと、ひとのいう普通と私の思う普通は違う、

それを可視化できたときとてつもない自由を感じます。

ぱあっと目の前が開けるような。

なんでなんでという疑問がほどけてらくになります。

 

非常に面白いです。

客観的に見たら努力をしているように見えるかもしれないけど

やろうと思うより前に体が動いているので

そして楽しいしかないので努力や頑張りではないんですね。

NO努力

もっと前からやっておけばよかったとも思わないのです。

きっと今がベストなタイミングだったのでしょう。

勉強したんだからやらなきゃと半年前にやっていたら

それは努力や頑張りが必要で、やらなきゃいけないこととなってしまい

その努力は身を結んだか、そしてはたして続いたか定かではありません。

 

 

 ああ、ひとの生年月日が欲しい。。。。

 

 

手からなにか出てるのか

「手からなにか出てますね」

とよく言われます。

手があたたかいのは確かです。

 

そしてそれは出ているとも言えるし出てないとも言えます。

そう言ってくれる人は何か感じたから言ってくれているわけだし、

私「出てないですよお」

生徒さん「ええーでもなんかー」

としばらく続くと思われるやりとりも虚しいので

「温泉みたいなのが出てるんです」

と言って終わらせることにしています。

 

出ていないという真意は

言ってくれた人が期待するような他の人にはない特殊能力としての

何か出ている、だったら出ていないということ。

ヒューマンに備わっているもの以外のものはもっていないし、出せません。

 

出ているという意味は

ヒューマンならみな持ってる手当てに使うアレなら

私からも出ているでしょう。

お腹痛くなると自然とお腹に手がいくというあれです。

出てるから手を当てるんじゃないかなと思います。

 

だいぶ長いこと自分の体を研ぎ澄ます練習をしてきたので

目がよく見えるようになったり、

味覚が鋭くなったり

鼻がきくようになるのと同じように

手当てに使うアレが出る管がよく掃除されて

使える状態になっているんだと思います。

 

からだと捉える範囲を広げればなんら不思議ではないことなのです。

でも言われて悪い気はしないです。

むしろ嬉しいです。

歓迎します。

妄想練習メモ

夏も終わりにさしかかった頃に再び痛み出した臀部からの神経痛、

(これを神経痛とよぶのか果たしてわからないけどそこはわりと気にしない)

今回のは右側のみの痛みで

体重を乗せたり体を後屈させると痛む。

 

こういうときの練習は、それはそれでとても興味深くておもしろいのです。

ポーズを進めるとか形をとるとかいわゆる体を使った練習はできないけど

そういった体操的側面だけがポーズの練習ではない。

もちろんできるに越したことはないけれど

体操できないときのポーズの練習は

思い浮かべるだけでニヤついてしまうほど楽しいのです。

 

目線がずれると意識が中心からそれて体のバランスが崩れ痛むので目線厳守。

呼吸が激しいと体にテンションがかかるので静かに深く。

お腹を柔らかく少し引き込んで会陰は吸っておく。

痛む箇所はとにかくおやすみ、徹底的に使わない。

ストレッチしたって揉んだって私の場合は治らないので。

痛みはひくのを待つのがいい。

この意識でやる練習の後はとても軽くて意識クリアで落ち着いてていいですよ。

体を追い込むことができないので

ひたすら呼吸と体を連動させるというシンプルさに還れるからかもしれません。

目線も安定するから集中してるし。

 

そんな練習を続けて何週か過ぎ

そろそろバックベンドの練習してもいいかもと思えるくらいには

回復していたその日、

足で押してとかお尻持ち上げてとか体に意識を向けるとやっぱり痛いので

 

***ここから妄想です***

 

仙骨を入れられるだけマックス入れてなんなら恥骨も近づけて

回転を意識したのです、回転。

恥骨を下から上への回転(イラストくれ)

その回転をくるくるくるくるくると高速にするのです。

で、その骨盤あたりの小さな車輪のような回転のそとがわに

もう一つの回転、体全体を包む大きな回転をイメージするのです。

外側の回転は穏やかで自然、大いなるなんとか、みたいなやつです。

気持ちよーくその回転に体の流れを乗せてみる。

小さな車輪を高速回転させながら大きな回転に乗る。

腰が痛みなく上がり腕が伸びたとき、

心の中でうおーーーー!!きもちいいいいいーーって叫びましたね。

いや本当にきもちよかったから!

かすかに臀部に硬さと痛みを感じたので体重を踵から指の付け根に移したところ

背面の小さな詰まりも取れ、きもちいいしかないベックベンドができたのです。

 

、、、たのしいです。

 

しかしながらポーズができてしまうとあっという間に

体の欲が出てきます。

3回目のバックベンドではもっと深く曲げたい欲求がでてきてしまいました。

そこでやったらできたのかもしれないけど

それは体操マインドなのでまた練習後疲れたり痛んだりします。

万全なときならそれもまたいいのかもしれないけど

体を曲げるという意識で練習することはちょっとしばらく考えたい気持ちなので

ここでバックベンドは終了、回転を反対にして前屈しました。

回転だけ、体を折り曲げない。

これに徹することができるのは怪我の功名ですね。

 

完全妄想の世界で瞑想的でもなんでもないのでおすすめはしませんが

体曲げなくてもポーズの練習はできるよってことです。

 

 

 

 

 

 

 

カムラーでのWS ありがとうございました

天秤座新月だった昨日

体から感情を解放するヒーリングヨガ&サットサンガ

無事に終了しました。

ご参加のみなさま、ありがとうございました!

 

私は主にヒーリングヨガを担当したわけですが

ヨガをするのが初めてという方も難なく動けていて

体を動かしてからの方が話がしやすかったとのお声も頂き

安堵しています。

 

sawako先生から声をかけていただいてからこの日を迎えるまで、

テーマについて自身に問うていました。

体から感情を解放するというけれど、

どんな感情がどこに詰まっているのかを

逐一知る必要が果たしてあるのだろうか

もし知ったなら、

何故その感情が詰まっているのかを知りたくなり

自分はなぜその感情を手放せないのか、なぜなぜなぜ、、、と

結局頭でっかちになって別の問題が出てくる可能性がある。

自分のことで頭いっぱい病という問題。

さてどう進めていったらいいか、、、

 

私はできるだけ体からアプローチしたい。

ポーズの練習をすれば感情は自然と浮かび上がってくる。

体がポーズに慣れて呼吸が深くなればなるほど

深いところから浮かび上がってくる。

上がってこなければそれはそれでいい。

浮かび上がったならばそれをどうしたいか

サットサンガで話せればなと考え、あのかたちとなりました。

 

アシュタンガヨガをはじめたころ、

練習のたびに攻撃的な気持ちが浮かび上がってくることを感じていたし、

前屈して臀部が深く伸ばされたときに忘れていた過去の悲しい記憶が

蘇ってきたこともあります。

わたしはその現象が消化できず、ヒーリングなるものを受けるに至ります。

そのときはその選択でベストでしたが

今ならただただ受け流すかな。

ああ、そうなんだねーと。

 

今も神経痛に度々なりますが

理由はわかっているし、まあときを待つしかないんです。

だってしょうがないんだもの。

気が済めば痛みは去る。あわてないのが肝要です。

あちこちでイタイイタイと騒いでみんなに慰めてもらったり

そのときどきお気に入りの治療法で慰めたり。

それが私にとっての解放の仕方です。

握りしめてたら解放されない。

 

昨日のサットサンガではsawako先生のディープな導きにより

みなさんそれぞれの解放へのヒントを得られたようです。

こうしたコラボWSははじめてだったので手探りでしたが

私自身も楽しかったです。

 

またの機会をお楽しみに! 

 

f:id:norizeki:20190930221929j:image

 

 

9/29(日) 体から感情を解放するヒーリングヨガ&サットサンガ

f:id:norizeki:20190926152049j:plain


壮大なタイトルですが、、、

誰も魔法はかけてくれない

自分で自分を生きるしかないじゃんねーということが

わかってしまった昨今、

感情に振り回されて周りの人を指差していても

仕方がないのです。

 

起きてる間はおもしろくやりたいし

寝ているときは安眠熟睡したい。

ただそれだけなんです。

 

2012年、小学生の頃から憧れの銀色夏生さんとファンの方20人くらいで

話をする会に参加したことがありました。

ちょっとサットサンガっぽいですね。

そこで私は、自分の怒りの大きさに悩んでいると割と真剣に相談しました。

もうその真剣にという段階であちゃーなのですが、

銀色さんは慎重にどうしてそこまで思い詰めてしまうのかあらゆる方面から

私に質問しました。

そして出してくれた答えは

「ひまなんじゃない?仕事したら?仕事が無理なら趣味を持ったらどうか」でした。

赤面するほどの正論です、今なら意味はわかります。

でも当時の私にはわからなかったんですねー。全力で抱きしめてやりたいですねー。

子供3歳、仕事なし、家にこもることの多かった私は

子育てに忙殺されてはいるけれど、

外に向かいたい体力を持て余してもいました。

矛盾しているようだけど、

自分のためにエネルギーを使うことができないと余るんです。

視野はうんと狭くなっていました。

自分について考えすぎていました。ひまだなおい。

 

私が銀色さんの答えに納得していない様子はもちろん伝わっていて

他の方にアイデアを募ったところ

トシちゃん追いかけて早30ウン年というとにかく明るい女性から

「パンをこねたらどうか」という案が出て場内が湧いたのです。

それがいいそれがいい、と。

銀色さんと参加者の方々が盛り上がっている様子を見ていたら

それ、いいのかもしれない、と完全な理解まではできないながらも

心のこわばりはとれて、無駄なことを考えているのかもしれないと

受け入れるまでにはなっていました。

「怒っていることに目を向けすぎだよ。そうじゃないときいっぱいあるんじゃない?

少なくともあなたに対する印象は怒りっぽい人ではない」

 

大勢の見ず知らずの人たちだったけれど話してよかったです。

 

このWSもそんな場にできたらいいです。

 

ヒーリングヨガは、初めての方でもできる

安心安全リラックスプログラムなのでご安心を。

意識が広がるような音楽もあるのでお楽しみに!

 

お会いできるのを楽しみにしています。

 

◎日時 9/29(日)14:30-17:00

         14:30-15:30 ヒーリングヨガ ※ヨガ未経験の方もご参加いただけます

                           15:45-17:00 サットサンガ

◎場所 スタジオカムラー(日比谷線築地駅スターバックス上)

◎料金 5000円

 

お申し込みは https://ws.formzu.net/sfgen/

または three.sawako@gmail.com

私の連絡先がわかる方はLINEでもメールでもSNSのDMでもなんでもいいです。